船橋市周辺の個性的な家族葬とは

家族葬 船橋市

かつての葬儀は自治会や町内会を中心とした地域が取り仕切るケースが多く見られましたが、現在では伝統を踏まえた儀礼的な正しさよりも心がこもった別れの場になるかどうかが重要視される傾向にあります。そこで地域や職場を始めとした大勢の人々を集める形態に代わって登場したのが、家族その他の血縁者や友人知人のみで小規模にまとめる家族葬タイプの葬儀です。千葉県船橋市やその周辺でも新たなタイプの葬儀は流行を見せており、それぞれの葬儀社でもプランの開発に余念がありませんが、中には従来の葬儀の常識ではあまり例がない個性的な内容を持つものも存在します。これも亡くなった人を良く知る人たちの集まりとしての家族葬でしかできない企画と言えるもので、最初から葬儀社がプランとして提示している場合は、割安なパッケージ料金での利用が可能です。

葬儀の式場でスライドを上映する

船橋市周辺の個性的な家族葬の一つに掲げられるものとして、式場内で亡くなった人の生前の思い出を集めた静止画のスライドなどを上映するパターンがあります。ホームビデオなどで動画として撮影されているものを上映することもありますが、この場合は静止画よりも編集の分の手間がかかります。いずれも亡くなった人が趣味に興じていた場面や家族との余暇のひと時を切り取った場面などを用い、人となりを紹介する演出の一環です。これまでの葬儀では亡くなった人の生前の様子は弔辞や喪主の挨拶の言葉の中で触れる程度に留まっていましたが、スライドなどの映像や音声が伴うことによりさらに臨場感を持たせることが可能になりました。スクリーンは祭壇の横に設置される場合と休憩スペースに設置される場合の両方があります。

葬儀に際して生演奏を霊前に捧げる

船橋市周辺で最近執り行われている家族葬の中でも霊前に生演奏を捧げるタイプは特に個性的な要素が強く表れています。音楽家やその他有名人が亡くなった場合に家族による密葬に加えて偲ぶ会やお別れ会を開催することがありますが、このタイプも偲ぶ会に近いメニューです。このような柔軟な内容は一般的な葬儀では世間の目もあるために難しいものですが、少人数だけに自由なプランが可能になっています。曲目は亡くなった人の趣味に応じてクラシックやジャズなどの幅がありますが、僧侶による読経が終わった後に霊前に演奏者が出て奉納したり、焼香の最中に式場の前列で演奏をするケースがあります。場合によっては読経の代わりに音楽を採用することもありますが、菩提寺とは十分に調整をすることが適切です。