船橋市でできる家族葬はどのようなものがあるか詳しく解説します

家族葬 船橋市

昔は葬儀といえば会社や地域の人々が挙って参列する大規模なものが一般的でしたが、最近は近親者や亡くなった人の友人程度で執り行う小規模な葬儀が主流となってきています。船橋市内でもこうした家族葬と呼ばれるスタイルの小規模な葬儀が浸透してきており、地元に店舗を構える葬儀社でもさまざまなプランを用意の上で対応しています。会葬者が少ないために準備や挨拶などの余計な手間に時間をとられず、ゆっくりと亡くなった人を偲ぶ時間が持てるのは家族葬の最大のメリットです。ほかにも小規模な葬儀ならば予算が厳しい場合にも安心できるなどのメリットがあります。いずれにせよプランや葬儀社によっても内容は異なりますので、事前にしっかりと検討した上で希望に見合ったものを選択することが大切です。

プランに応じて内容や予算は異なる

船橋市内で葬儀社に家族葬を依頼する場合、カタログに掲載されるプランの選択により内容や予算にも大きく差が生じることがありますが、一般的なのは通夜と告別式の両方で葬祭ホールを貸し切って執り行い、式場そのものは小規模ながら通常の祭壇なども付属するタイプです。このタイプは予算的には50万円内外を見ておくのが妥当ですが、祭壇の大きさや飾り付けの豪華さなどによって10万円程度の刻みでグレードが上がる仕組みになっており、上は100万円程度までのプランに分かれています。反対に生活保護世帯などの経済的に困難な事情がある場合には、火葬式と呼ばれるごく簡素なプランを選択すれば20万円程度での葬儀も可能です。この場合は枕飾りの祭壇程度の用意はあるものの、原則として自宅から直接火葬場に向かうのが前提となります。

個人の趣味を反映したオリジナルな内容も可能

大人数の葬儀では世間体などを気にする必要から思い切ったプランを立てるのは至難ですが、家族葬の場合は亡くなった人を生前からよく知っている人たちの集まりのため、亡くなった人の趣味や嗜好に合わせて個性的な葬儀にすることもあります。船橋市内に拠点を置く葬儀社の中にはオプションとして亡くなった人に相応しい演出が行えるプランを初めから持っているところも存在します。葬儀の最中に生前の活躍の様子を記録したビデオをスクリーンで上映するサービスや、焼香に合わせて亡くなった人が好んで聴いていた音楽を生演奏するサービスはその一例です。葬儀社が運営する葬祭ホールの中にも写真や趣味の作品を展示するスペースをあらかじめ確保していることが多く、小規模な葬儀ならではの演出があります。